20代OL♡Ayaのゼロから始める投資と資産運用術

初心者でも出来る投資と資産運用術

大企業でリストラ相次ぐ!?今から資産運用を始めよう

スポンサーリンク

f:id:ay94hrs76x:20190630204603j:plain

 

最近、大企業でもリストラが相次いているとのことです。

 

45歳以上の社員に対して

早期退職や希望退職を募集していることが注目されています。

 

現役バリバリで即戦力となる世代ですが

なぜ、45歳をボーダーラインとしてしまったのか?

そして、リストラに遭ってしまった方々は今後どのように生きていけば良いのか?

 

以前は、大企業に勤めることが「安定」「勝ち組」の認識がありましたが

もうそんな時代は終わりに近づいています・・・

 

今回は、いつ自分に降りかかってきてもダメージを少しでも減らせるように

少額からでも資産運用を始めようというテーマでお話しします。

 

 

45歳以上の早期退職者を募集の企業一例

 

誰もが知っている大企業で一例がこちらです。

それぞれ5つの企業は全て、東証一部上場企業になります。

 

コカ・コーラ:2019/02/14

 

45歳以上の社員を対象に希望退職者700人を募集と発表。

 

日本ハム:2018/10/31

 

45歳以上の社員を対象として、全社員(子会社への出向も含む)の1割程度200人を上限に早期退職者を募集と発表。

 

NEC:2018/06/29

 

45歳以上、勤続5年のグループ会社で間接部門やハードウェア領域の特定部門に在籍する社員に希望退職者を募集と発表。

 

富士通:2019/03/18

 

45歳以上の富士通グループ全従業員に給付金付き早期退職を募集と発表。

 

アルペン:2019/01/09

 

45歳以上の社員に収益性の改善に向けて、300人程度の希望退職者を募集と発表。

 

 全て45歳をボーダーラインとしていることが分かります。

 

この他にも、現在は人手不足と言われている分野ですら

早期退職を募っている会社も存在しているのが現状です・・・

 

大企業が45歳以上の早期退職者を募集する理由

 

基本的に日本の企業はは年功序列制度が中心となっています。

 

45歳以上の会社員は、新人や若手社員と比べて給料が高いです。

企業側からすると、高い給料を支払わなければならないことがネックになりますよね・・・

 

例)

・若手の優秀な社員(A): 年収400万円

・45歳以上の社員(B)   : 年収600万円

 

同じ会社の中に上記の人物がいた場合、体力や将来性を考えた場合

どうしてもリストラ対象になるのは45歳以上の社員になりますね・・・

 

年功序列制度の企業では年齢や勤続年数によって昇給が存在します。

 

しかし、リストラが増加中にある中で企業全体が新しい給料制度を取り入れるとは到底思えません・・・

  

・売り上げが横ばい・減少

・人材カットで資金確保したい

 

・・・それならば、給与制度の見直しを検討しようとなります。

 

おそらく優秀な若手社員を会社の中心メンバーとし

お荷物な人材はカットしようという考えですね・・・

 

なんとも辛い現実です・・・(´;ω;`)

 

今後、年金支給が70歳になる!?

 

現在は65歳ですが、いずれ近い将来70歳に延ばされる可能性が高いです。

 

45歳でリストラ、年金受給が70歳以上・・・

 

将来が不安でしかないです。

 

私達の世代はもしかしたら年金受給出来るようになるのが

80歳とか85歳の可能性も出てきます。

 

いやいや、もうここまで来ると生きていない可能性高いです(゚Д゚;)

 

年金を払うだけ払って一銭も受け取れずに亡くなっていく・・・

こんな未来が少しだけ予想出来ます。

 

 

今までは「大企業に就職して安定した生活を送りながら、老後は年金で暮らす。

という人生が成功者とされていました。

 

しかし、そんな時代は終わりです。

 

企業の規模は関係なく、会社のみの収入を当てにして生きていくのは

少々厳しい時代になりました。

 

資産運用でお金を増やそう

 

 日本は昔からの名残で

投資は危険!貯金をしよう」という考え方が根付いている傾向にあります。

 

正直、バブル時代は銀行にお金を預けているだけで

利息が年間数%も付く時代だったようです。

 

とっても羨ましい時代ですね(ノД`)・゜・。

私もその時代に生きていたかったなとふとした時に思います(笑)

 

 残念ながらもうそんな時代はもうやってきません。

現在はマイナス金利と言われています。

 

 そこで、誰でも出来る資産運用を始めましょう。

 

日本人は資産運用に対してマイナスイメージを持っている人が多いので

まずは資産運用に慣れることをオススメします。

 

まずは投資信託を始めよう

投資信託が初心者にオススメな理由

少額から投資が可能

多くの人は、いきなり大金を用意出来ないし

リスクを一番に考え、どうしても損した場合を想定します。

 

投資信託であれば毎月100円から投資が可能です。

 

どうですか!?

これなら、誰でも運用することが出来ますよね!?

 

積立NISAidecoであれば非課税で運用可能です。

 

ドルコスト平均法で積み立てられる

ドル・コスト平均法株式投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

 例えば、100万円を資金とします。

これを一度に投資するのではなく、数回に分けて投資します。

そうすると、日々株価は変動しますので

高い時と低い時に投資が出来るためリスクの軽減が可能です。

 

まとめ

 

大企業が続々とリストラを発表しているため

今後、続々と同じようなことが起きていきます。

 

企業だけの収入に依存せず

お金に働いてもらうという考え方が大事になってきます。

 

少しでもお金を増やせる工夫をしていきましょう。