20代OL♡Ayaのゼロから始める投資と資産運用術

初心者でも出来る投資と資産運用術

「老後2000万円問題」の本当の恐ろしさとは?

スポンサーリンク

f:id:ay94hrs76x:20190628225330j:plain

 

金融庁が公表した、公的年金以外とは別に

「老後資金2000万円必要」との報告書が度々話題に上がっていますね。

 

報告書では、「老後資金2000万円が必要であり、長期・積立・分散投資による資産形成の検討を行うのが重要である。」とされています。

 

これに対し、具体的な「2000万円」という数字に対して

安倍首相も麻生大臣も「不適切であった」とコメントしています。

 

 

この「老後資金はいくら必要なのか」という話題は

雑誌やネット・ニュースでもよく取り上げられるテーマになります。

 

 

では、実際いくらあれば老後も豊かに暮らせるの?と思いますよね。

 

 

私は現在20代なので、定年(65歳とする)まで40年あります。

 

正直その時に年金制度自体もどうなっているかも分からないし

どんなに今まで年金を払っても

月に数万円のお小遣い程度の年金しか貰えない可能性だってあります。

 

未来のことなんて誰にも分らないですからね・・・

 

 

「MY老後資金」を計算して老後の生活を前向きに描いてみる

 

MY老後資金とは?

年間の貯金額×リタイアまでの年数+退職金+現在の老後用資金のことです。

 

このMY老後資金をもとに、老後の不足額は考えず

貯まっていく金額を計算する発想になります。

 

これにより前向きな老後を捉え、具体的な数値を出すことで

自分の状況を知ることが出来ます。

そして安心感にも繋がっていきます。

 

 

20代、30代であれば

老後って凄く遠い日のように感じるかもしれません。

現在の年齢が30歳と仮定します。

60歳まで折り返し地点に来たんだなと考えた場合、どうでしょうか?

 

意外と年を取るのって早いですよね。

 

あっという間に1年が過ぎます。

 

20代半ばになりましたが、もうアラサーになるのかって思ってます(笑)

 

平日仕事して、休日は自由に過ごして・・・って生活を繰り返していると

日々が過ぎていくのがとても早いです。

 

 

30年後・・・40年後・・・なんて

想像より遥かに早く、あっという間にやってくるのかもしれません。

 

 

今、自分に何が出来るのか

具体的な対策を立てることが大切ですし

余計な不安を解消させることにも繋がります。

 

 

資産運用の前に、ある程度の金額を貯金する

 

老後2000万円問題がメディアで取り上げられてから

少しでも投資に興味を持ち始めた人もいると思います。

 

そして、そこには危険が潜んでいます・・・

 

投資にハマる人の中に

貯金やボーナスを投資に全額回してしまう人がいることです。

 

そもそも投資はリスクを伴いますので、余剰金で行うのがベストです。

 

 

よく、「半年分の月給分は貯金しておくこと」と言われています。

 

いつ自分の身に何が起きるか分かりません。

 

病気、事故に遭って入院しなければいけなくなったり

他にも何かの事情で明日から働けなくなる可能性もあります・・・

 

そんな時、全ての金額を投資に回していたら

生活に必要なお金を取り出せません。

 

必ず、いつ何が起きても良いように

ある程度の生活必要資金は貯金しておきましょう。

 

そして月に1万円でも2万円でも

まずは貯金をすることから始めましょう。

 

月2万円をコツコツ40年間貯金すれば1000万円貯まります。

 

これであれば低所得者の方も出来ますよね?

 

 

せっかく投資に興味があるなら

今は100円から投資出来る時代なので

そんな方には少額からコツコツ投資を始めることがオススメです。

 

 

正確な老後資金の必要額なんて存在しない

 

そもそも私達が生きている中で

正確な老後資金の必要額なんて存在しません。

 

当たり前ですが、人によって生きる年数が違うからです。

 

収入によってももちろん変わってきます。

 

 

老後と言っても、60歳で亡くなる場合もあれば

100歳近く生きる場合もあります。

 

40年も生きる年数が違えば、当然必要な老後資金も変わってきますよね?

 

 

具体的な数字として「2000万円」という金額が発表されましたが

実際いくら必要かは人それぞれです。

 

その金額以下でも豊かに暮らせる方もいるし

全く足りなくてカツカツな生活を送るしかない方もいます。

 

あくまでも平均値でしかないのです。

 

 

この2000万円という金額を

少ないと見るか多いと見るかは人それぞれですが

この金額に捉われず

実際にはもっと多い金額が不足している可能性が高いと考えることが重要です。

 

 

結局、今何をすべきか考えた場合

一日でも早く、収入を上げることに努めたり

貯金額を増やす、少額でも良いのでコツコツ投資をすることになります。